登場人物のモデルについて

 
私の書く小説の人物達にはモデルとなった人物はあまりいない。みんな私が想像して思い浮かべた姿を文章で表わしているだけだ。単に実際や他作品の人物をモデルにしたはその人や作者に失礼だからという訳ではない。もし挿絵を描いてもらう時に描きやすい姿を描けるようにとの気遣いかもしれない。
 だが、『フューザーソルジャーズ』の主人公ジュナは創作していくうちに10代前半の自身がモデルになってしまった。(無意識に)「今」はモデルはいないけれど、これからにはモデル付きの人物が登場するかもしれない。
 しかし人間ではなく、『五聖神黙示録』の主人公、リシェール・グラコウスの愛犬オラフは、作者の近所に住んでいる老夫婦の飼い犬をモデルにしている。